« 静岡ホビーショー 東京マルイ・フジミ編 | メイン | 静岡ホビーショー アオシマ編 »

2010年5月18日 (火)

静岡ホビーショー 童友社編

こんにちは。ガルダンです。

静岡ホビーショーの続きは童友社をお届けします。

童友社でのオススメ商品は室内用IRヘリコプターです。

Cimg3229a

フレームはメタルでツインローターになっています。

日本製のジャイロを搭載。

どこかで見たような気もしますが…

気にしないようにしておきますsweat01

Cimg3230a

電源オンにするLEDライトが点灯します。

Cimg3233

パーツ類は落下時に備えて柔軟性のある素材を使用

Cimg3234

一番折れやすいブレードもこのように折れにくくなっています。

童友社さんの話では、90度くらいまで大丈夫だそうです。

一度落ちただけで折れてしまったらへこみますよね…

Cimg3232

こちらが送信機です。A,B,C,のチャンネルが切り替えできますので、3台飛ばせますね。

左スティックが上昇・下降で右スティックが左右・前後となります。

左のスロットルはレバーが戻らないタイプですので、少し慣れが必要です。

Cimg3235

こちらが一番の機能である”ターボ”です。

このボタンを押すと加速するみたいです。

一通り確認しましたので飛ばしてみます。

ホバリングをしてみると同軸反転ツインローターで安定しています。

スロットルレバーがフリーになっていますので、始めはちょっとフラフラしましたが、

すぐに慣れて悠々とフライト出来ました。

しかし、ブースの広さもあり、ターボボタンを体感できませんでした。

どの程度効くのかわかりませんが、前傾姿勢になって加速するようです。

なぜ飛んでいる画像が無いのかと言いますと…

オリゼーが写真を撮っていませんでした。

お仕置きしておきますannoy

レッド、ブルー、ブラックと3色カラーがあります。

Cimg3236a

こちらは既存商品で、すでに発売されているフォークリフトです。

童友社には大型の働く車系ラジコンがたくさんあるですが、その一つとなります。

実際に操作させてもらいましたが結構おもしろいです。

452_3

当然ですがフォークは一番上まで持ち上がります。

荷物が前に倒れないように、フォークの軸を車体側に寝かせる事ができます。

写真のドラム缶が軽かったのですぐに落ちてしますのですが…

ちょっと重量があったほうがいいのかもしれません。

Img_5368_3

こちらは新商品のレオナルド・ダ・ビンチシリーズのエアリアルスクリュー。

どこかで見たことがありますね~。

Img_5370

こちらはパドルボート。ガルダンは昔こういう舟を遊園地で乗ったような気がします。

Img_5375

ダビンチは武器も作っていたのか投石機。

Img_5394_5

こちらは1/43スケールのプラモデル。

写真は塗装済みですが、見た感じ成型色で作ってもよさそうです。

手軽に作れるのがよさそう。

本日はここまで。

静岡ホビーショーのご予約ページはこちら

▼ Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店