« モンハン 火竜・リオレウスのフィギュアが発売します。 | メイン | 発売迫る!「CLOCKMAN(クロックマン)虎型」 »

2010年7月30日 (金)

宝物を探そう!金属探知機(アーテック)

こんにちは、ガルダンです。

今日ご紹介するのは、教材を扱っているアーテックより、金属探知機です。

サブタイトルは”宝物を探そう”です。

なんかギラギラしていてガルダン好みですな。

いくつになっても宝物と聞くと興奮します。

とは言いましたが子供の探求心を養う玩具です。

Cimg3654_5

Cimg3655_2

Cimg3656_2

パッケージには取り扱い方法が記されています。

使用方法は至ってシンプルです。

持ち手のフタを外して電池をセットするだけです。

Cimg3657_3

箱を開けました。電池は付属していて、9Vの角形電池を使用します。

Cimg3658

本体を取り出し、こちらも付属のドライバーでフタを開きます。

ドライバーとネジが合っていないのか、少々回しにくい感じでした。

Cimg3659_2

ネジを外すと今度はフタです。

このフタもちょっと取りにくい感じですが、ネジ穴にドライバーを差し込んで開けました。

あまり無理にすると割れるかもしれませんのでご注意を。

Cimg3660_2

電池を入れます。コネクターを電池に取り付けるだけです。

セット出来たらフタを閉めます。

Cimg3663

操作は持ち手の左側面にある、ダイヤルを動かすだけです。

反時計回りでOFF。時計回りでONです。

ONにすると右のランプが点灯します。

ダイヤルを音が鳴るところまで回します。

Cimg3662

すると左の”SOS"と書かれたランプが点灯します。

同時にブザー音がなります。

少しダイヤルを戻して、音が鳴らない(左が点灯しない)ところにセットします。

これで探知出来る状態になりました。

Cimg3664

付属jのドライバーに近づけてみると…

  Cimg3665_2

左の”SOS”ランプが点灯し、ブザー音がなります。ピ~~~~~~

SOSはどういう意味!?

でもキチンと金属を探知し出来ました。

ダイヤルが感度調整になっているようです。

Cimg3671

もちろんコインにも反応します。

どう使うかは子供達の想像力次第です。

金属が有りそうなところ?を大人がアシストしてあげましょう。

金属かどうかわからない場合の判定にも使えそうです。

金属質の鉱物などがあればおもしろいかも。

それなりに近づかないと反応しないので徳川埋蔵金は無理ですな。

探求心を養う場合はこちら

▼ Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店