« ハナヤマ クリスタルパズルを作成してみます | メイン | 日本のゴルフゲームをもっとパワフルに!「パワフルゴルフDS」 »

2011年1月31日 (月)

本能で戦う「ファイターズ アンケージ」

かめこです。
今日はKinect 専用の 『ファイターズ アンケージ』 をご紹介します。





かめこ、実際に体験プレイをさせていただきました。

ゲームはKinectセンサーで動きを認識して敵を攻撃します。
実際にパンチやキックなど、全身で動くので、運動不足の方は筋肉痛になるので、ご注意を。
かめこはしっかり筋肉痛になりました。(ストレッチくらいはした方がいいかもしれませんね。)

バトルは1対1で、3ラウンド中先に2ラウンド先取で勝利です。
かめこは1ラウンドも取ることなく敗北しました…。(悔しい~sad
60種類以上の技のバリエーションがあるらしいですが、いきなり実戦プレイをしたかめこはパンチとキックくらいしかできませんでした~。
回し蹴りとかもありますが、聞いたのプレイ後でした…(それ先に言って~)。
どっちにしろ画面と睨めっこしつつ、パンチとキックを繰り出している最中に、隣で説明されてもパニックになってましたので、聞いてる余裕はなかったですが。

最初は、「Lesson」モードがあるので、まずそちらで技を練習するのがいいかもしれません。
(…かめこが体験プレイした隣のブースの方はレッスンモードでじっくりやられていたようですが…かめこもじっくりやりたかったなぁ)
パンチやキックを繰り出すのは簡単ですが、攻撃を避けるのがちょっと難しかったです。
なぜならば…上体を反らして避けるのですが、ついそのまま後ろに下がってしまって…まともに避けられませんでした。
避けようとするとつい反射的に後ろに下がってしまうのと、しゃがんで避けようとしてしまったり、下段蹴りが来るとジャンプしそうになったり…その度に『違うね~ん!』『分かってんねん!』とひたすら自分にダメ出ししてましたcoldsweats01
まぁ、その辺は「本能のままに動き、戦え」というゲームの趣旨通りなのかもしれませんね。
ただちょっと、センサーの感度なのか動きにタイムラグがあったかなぁというのが気になるところではありましたが、なかなか楽しめました。

さて物語ですが、主人公サイモンの父親が多額の借金を負ってしまい、家族を守る為に裏社会の格闘大会に参加し、優勝しなければなりません。
下位のリーグから戦いに勝ち抜き、最上位のリーグでの勝利を目指します。
さぁ、貴方も主人公のサイモンとなって格闘大会に挑みましょう!
男なら拳で道を切り開け!!

▼ Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店