« 怒濤のハイテンション混沌ラブコメディ「這いよれ!ニャル子さん 名状しがたいゲームのようなもの」 | メイン | バンダイより、宇宙戦艦ヤマト2199、ポルメリア級強襲航宙母艦です! »

2013年3月28日 (木)

フィギュア用アクセサリー カプセルトイ マシンを組み立てました

こんにちは、澄海です。

今回ご紹介する商品は、ハセガワより
シリーズ販売されている1/12 可動フィギュア用アクセサリーのカプセルトイマシンを実際に組立ながらご紹介します。


01_2

1/12 可動フィギュア用アクセサリー カプセルトイ マシン【FA05】


カプセルトイ マシンという製品名だとなんだか凄いマシンを連想していますが、
1/12スケールのガチャガチャマシンです。
完成型は、こんな感じになります。


02
未塗装で実際に商品を組み立ていきたいと思います。
1セットで2個分となっており、白と青、クリアパーツの3色パーツで構成されています。
それぞれのパーツを切り離して1個分のパーツを揃えるとこんな感じです。


03
カプセルは、組立タイプが12個とカラープラスチックボールが約100個入ってます。
右側のパーツは、青色とクリアパーツをはめ込んだ完成型になります。


04
それでは組み立てていきたいます。
まずは、本体に下板と、ガチャガチャの受け皿部分の取り付けます。
受け皿パーツは、枠に入れるだけですが、底板にバリがあったため、入りにくかったので切り取ってはめ込みました。


05
ボールが落ちてくる部分をはめ込み、カプセル入れのカバーとなるクリアパーツをはめ込みます。
先にクリアパーツを入れると、ボールが落ちてくる部分がちょっと取り付けにくくなりますので、
順番としては、クリアパーツを先に入れるほうが作業効率がいいです。


06
カバー部分とハンドル部分をつけたのちに、本体にはめ込みます。
意外と簡単に入らなかくちょっとコツが必要でした。


07
本体に底板をはめ込み、ガチャガチャと顔となるクリアパーツに付属用紙のPOPをはめ込み、
カプセルを入れて天井板をはめ込んで完成です。


08
ちなみにPOPを入れないとこんな感じに仕上がります。

未塗装で組み立てましたが、色を塗らなくても思ったよりもいい感じに仕上がりました。
また、2個入りキットなので、組立カプセル仕様とカラープラスチックに分けても飾れます。
付属のPOPは、画像・文字入りを含めて35種類の用紙がありますが、
自分で作って好みのカプセルマシンを楽しむのも面白いと思いますよ。

完成品は、1個分のサイズは、高さ約58mm・幅約25mmとなっており、
リボルテックなどのサイズに最適です。

フィギュア用アクセサリーシリーズは、他にも発売れていますので、
キャラクターのイメージに合わせたジオラマ作りというのも楽しそうですね。

それでは、引き続きお買い物をお楽しみ下さい。

▼ Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店