« オートアート 2017年ニュルブルクリンク24時間レース優勝カー 予約受付中! | メイン | 久々のミステリゲームは将棋がテーマ!『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』 »

2019年11月17日 (日)

『【PS4】Subnautica(サブノーティカ)』深海には数々のロマンと物語が眠っている。

どうも、プールは得意ですが海はてんで駄目なゲーム担当ロトメンです。


資産家が海底に沈んだ第二次世界大戦時の船を発見というニュースがありましたが、沈んだ地点が曖昧で不明だった戦艦「武蔵」を発見したり、どのような形で沈んでいるのか不明だった船を次々と発見している映像を見るたびにロトメンが感じるのは、鉄というのは形がしっかりと残るものだなという感想と、何故だか見てはいけないものを見ているような恐れに似た感覚です。

海の底というのは不思議なもので、宇宙に比べれば人が住んでいるところから距離が近いというのに分かっていない事柄が宇宙の様に多いのだそうです。

例えば海底にすむ生き物1つでさえも生態が謎のものが多く、皆様お聞きになったことのある「リュウグウノツカイ」もその生態には謎なところが多いようです。

そういう観点からみればロトメンの感じる恐れの理由は、未知で理解の及ばない深海というのは「畏怖」の象徴となるからなのですね。

そんな恐怖の対象でもある「海」が舞台となる冒険アドベンチャー「Subnautica(サブノーティカ)」が発売されます。


【特典付】【PS4】Subnautica(サブノーティカ)


テレビゲームでは「サバイバル」を売りにしたゲームというと、その舞台は絶海の孤島であったり、法も無く荒廃した世界というのが相場なのですが今作では不時着した海の惑星です。

つまり、右を見ても左を見ても海

食事を取りにいくのも広い世界を探索するのにも海に潜らなければなりません。

美しい世界であることは疑いようもありませんが、周辺一帯が海で飲料水が手に入らないという状況はかなり危機的です。

つまり、今までのサバイバルゲームと比較しても、恐らく一番困難な状況からスタートするゲームです。

しかし、最初に申し上げたように深海には「謎」や「未知」が沢山眠っているものです。

逆に言えば冒険する舞台としてはもってこいのシチュエーションとも言えます。


深海は本当の意味での「サバイバル」体験が味わえるという結論になりましたが、ロトメンはそういうサバイバルはご遠慮したいところ・・・

ですので、このゲームで擬似的なサバイバルを楽しんでみたいと思います。

皆様も深海を冒険して、深海に広がる「謎」や「未知」を体験してみませんか?


以上、ロトメンでした。
それでは、引き続きJoshin Webでのお買い物をお楽しみください!

▼ Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店