« ヒックとドラゴン2 (2014) | メイン | ズートピア (2016) »

2016年6月29日 (水)

ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ (2009)

ヴィヨンの妻 大谷(浅野忠信)は著名な小説家だが、私生活では酒と女、そして金にだらしない自堕落な男。妻の佐知(松たか子)はじっと耐えていたが、ある日飲み屋の金をくすねて警察沙汰となる。佐知が飲み屋の主人(伊武雅刀)と交渉して彼女がこの店で働くことで丸くおさめる。美人の佐知は店で人気を集めるが、岡田(妻夫木聡)という少年に慕われたり昔好きだった弁護士の辻(堤真一)の来店に心奪われたりするが、大谷はホステスの秋子(広末涼子)と駆け落ちする…

 太宰治の原作を映画化。椿屋という飲み屋を舞台にした人間模様で、ひとくせもふたくせもあるキャラクターのオンパレードで飽きさせずに最後まで見せてくれた。でも見終わってあまり心に残ってないのは、これといって飛び抜けて魅力的なキャラクターがいなかったせいだと思う。強いて言えば松たか子は魅力的なのだが、これといった決め手がなくて好きというところまでは至らなかった。

 かつては若い女性がはまると言われていた太宰治だけど、よくわからなくて敬遠していた。歳をとったらわかるようになるのかなと勝手に考えていたんだけど、この歳になってもよくわからない。そんなものなんかな。

根岸吉太郎監督。2009年日本映画。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店