« ウォルト・ディズニーの約束 (2013) | メイン

2016年7月22日 (金)

サイレントヒル リベレーション3D (2012)

サイレントヒル リベレーションズ 父ハリー(ショーン・ビーン)と共に訳もわからず転校・転校の生活を繰り返す女子高生のヘザー(アデレイド・クレメンス)。今回越してきた高校でも友達はいらないと級友の前で宣言するが、ヴィンセント(キット・ハリントン)という少年が声をかけてくる。ところが父ハリーが行方不明になり、絶対に探しに来るなと言われたサイレントヒルを彼女は目指すのだったが…

 コナミのヴィデオゲームの映画化第2弾。前作の少女が女子高生になり、行方不明になった父を探して呪われた地のサイレントヒルをさまようというストーリーで、前半の状況説明はともかく舞台がサイレントヒルに入ってからは、操縦できないテレビゲームといった雰囲気の作品である。

 というわけで外には灰が降り、屋内に入るとクリーチャーが闊歩するサイレントヒルはかなり不条理な世界なんだけど、こういう世界は何か目が慣れてしまった感じで意外と新鮮さは感じられなかった。子供の頃に見た「ファンタズム」という鉄球が飛んでくる映画が怖かったなぁとそんなことを考えていたら、前作「サイレントヒル」の感想にも同じことを書いていた(笑)。私はよっぽどあの映画が印象に残っているらしい。

 ヒロインのアデレイド・クレメンスはよく知らない顔というか普通の女の子って感じでしたが、脇をショーン・ビーンとかキャリー・アン・モスとかなかなかマニアックな方々がかためております。母親役のラダ・ミッチェルはゲスト出演って感じかな。

SILENT HILL REVELATION 3D
マイケル・J・バセット監督。2012年フランス=アメリカ=カナダ合作。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店