Joshin web バラエティ Feed

2015年1月 2日 (金)

ジグソーパズルで楽しむスペイン/スペイン雑談集 (17)

 !Feliz ano nuevo! あけましておめでとうございます。今年もスペインブログ…じゃなかった、oga.のこだわりをよろしくお願いします。新年最初とのブログは、ジグゾーパズルで楽しむスペインの風景というテーマでお届けいたします。

ミハス 最初にご紹介するのは「白い村」と呼ばれるアンダルシア地方のミハス。スペイン南部のアンダルシア地方には白壁の家が多いのが特長ですが、これは温暖な気候から、暑さよけのためと言われています。住民がせっせと毎年壁塗りをして、この風景を維持しているらしい。志摩スペイン村がこの風景を真似して町並みを作っているので、ぱっと見てスペイン村を思い浮かべる方も多いんじゃないかと思います。

 伊勢志摩の海岸にこういった建物が多いのは、元からなのかスペイン村を意識してなのか、あるいはリゾート地としての演出なのかはよくわかりませんが。そういえば近鉄は関連の百貨店やレストランなども、スペイン村を意識してかスペイン風のインテリアのところが多いです。

白い町並み こちらも同じくアンダルシアの白い町並みです。上記の白い村は遠くから見るとこんな風に見えます。ジグソーパズルには地名の表記がありませんが、山の上の城の形からしてこれまた有名な「カサレス」の街ではないかと思われます。

4979817160589  歴史都市トレドです。首都マドリッドから近いので、マドリッド観光のついでに比較的簡単に行けます。画家のエル・グレコが愛した城塞都市です。まわりをお堀のような川に囲まれていて、箱庭のような中世の風景がそのまま残っている美しい街です。ユネスコの世界遺産に選ばれ、奈良市とは姉妹都市です。

ひまわり畑 「陽光に広がるひまわり畑」です。写真はおそらく温暖なアンダルシア地方だと思われます。スペインに限らずヨーロッパでは油をとるためにひまわりを栽培しているため、至る所で一面のひまわりを見ることができるそうです。もちろん花が咲く季節は夏場(6~7月)に限られますが。イタリア映画ですが、ヴィットリオ・デ・シーカ監督、ソフィア・ローレン主演の「ひまわり」の冒頭とエンディングシーンがイメージされます。

イビサ島 イビサ島です。地中海に浮かぶリゾートアイランド。かつてはヒッピーたちのたまり場で治安もあんまり良くなかったそうですが、現在は若者文化の発信地となっていて有名なクラブも名を連ねます。

 AKB48かNMB48かは忘れましたが「イビサガール」という曲で歌われているのがここです。これをきっかけにスペインやイビサがブームになってくれたら、なんて考えましたが、あの曲からはこのイビサ島がどうにもイメージできないぞ(笑)!!

サグラダファミリア 最後に登場するのは、やっぱりコレ、サグラダファミリア。すっかりスペインを代表するランドマークとなっています。バルセロナにある、アントニー・ガウディ作の建設中の教会です。このブログでも繰り返し登場しているので、もうご紹介する必要もないでしょう。

 それでは2015年も、よろしくお願いいたします。

spade ジグソーパズル(海外風景)の販売ページはこちら

2014年12月13日 (土)

帆船模型を作ろう/スペイン雑談集 (9)

Galion
 大航海時代に思いを巡らせて… スペインと言えば帆船をイメージされる方も多いのではないだろうか。帆船模型といえば木製の本格的なものが思い浮かぶが、筆者が作ったことがあるのはプラモデルの帆船である。学生の頃に急に思い立ってイギリスの帆船「カティーサーク」のプラモデルを買ってきて作成した。たぶん完成までに2~3ヶ月ぐらいはかかったとは思う。船体は普通の船のプラモデルとして作ることができたけど、マストを立てて帆を張りロープを張りだしてから急激に難易度が増した。最後はかなりの苦労を重ねて完成させることができたように記憶する。

 上の写真は最近見つけたスペインのガレー船のプラモデル(現在は完売)。久しぶりにプラモデルを作ってみたんだけど、帆布に塗料がうまく乗らずにさんざんな出来になってしまった。箱絵を見ながらロープも張ったら面白いのかもしれないけど、時間がなくてできていない。でも久々に帆船のプラモデルを作ってみて、なかなか楽しめたのは事実である。

 時間が出来たら、木製の帆船模型にもチャレンジしてみたいと思う。作るならやっぱスペイン艦船が希望かな。

ship 帆船・民間船のプラモデルはこちら
ship 輸入帆船模型(組立キット)はこちら

Sag141213 本日のサグラダ・ファミリア。1本だけファザードが立った。でも完成までは、あと100年ぐらいかかるのかも(笑)。

2014年11月20日 (木)

サグラダ・ファミリアを造る/スペイン雑談集 (5)

Sagrada1
 すっかりスペインのランドマークとして認知された感じがする、サグラダ・ファミリア。言わずと知れた建築家のアントニー・ガウディ設計。カタルーニャ地方のバルセロナにある教会で、もう100年以上も作り続けているけど完成まではほど遠い状態。私が訪れたのはもう20年ぐらい前になるんだけど、何本か(たぶん8本だった)の塔(ファサードと言う)と外壁ができているだけで、建物の中身がむき出しというか雨ざらしになっていた。この先完成までに何年かかるんだろうって思ったけど、あれから20年経って完成が見えてきたとかまだまだだというニュースが流れている。

 このサグラダ・ファミリアは模型やパズルでも人気があるようで、かつてはナノブロックのラインナップに入っていたり(1セット持ってます)、3Dパズルになったり、あるいはキヤノンのペーパークラフトとして公開されているのが有名です。今回は発売中のペーパー・ナノ(ナノブロックの姉妹品?極小サイズのペーパークラフト)を購入してみました。
Sagrada2
 商品が到着して思ったのは「あれ、意外と箱が小さいぞ」。そして中身を見てびっくり。さすがタイトルに「ナノ」とつくだけあって、パーツのひとつひとつが小さい小さい。以前に見た弊社試用レポートのエッフェル塔も、こんなに小さかったのかと驚かされた次第である。
Sagrada3
 手にしてみると、こんなに小さい。パーツの端にタブが付いていて、どの部品か迷うことはなさそうなんだけど、実際に切り抜いて貼り合わせて行くにはピンセットは必須。接着剤も紙専用のものを用意しないと、しわになったりしたら大変そう。こりゃ、完成までにどれだけかかるかわからないぞ、なんて思った。まぁ制作が進んだら、再度このブログでご紹介させていただきます。

(つづいてる…)

ペーパーナノ サグラダファミリアはこちら
その他のペーパーナノはこちら

2011年6月 5日 (日)

『宇宙戦艦ヤマト』のプラモデルを作ってみた

U_yamato 中学生の息子が誕生日のプレゼントに、「宇宙戦艦ヤマト」のプラモデルを欲しがったので1/500ヤマトを購入。あれ、こいつヤマトのテレビとか見たことないはずなのに、どうしてかと思ったら単に見た目がかっこいいからだと言う。ミリタリーのプラモデルを作るのと同じ感覚ってことだろうか。かくいう親の私も、ヤマトは映画版を1回見たっきりでよくは知らない。親子共通のテレビ番組で盛り上がる、なんてよく言うけど、親も子もろくに見てないキャラクターである(笑)。

 とはいっても、これだけ大きなプラモデルは息子も作ったことがなく、いろいろと私にきいてきた。ガンプラなどもそうなのだが、この1/500ヤマトはスナップオンになっていて接着剤がなくても組み立てることができる。さらに塗装をしなくてもそれなりに見えるように工夫されていて、レベルに合わせて楽しめるという配慮がされている。接着剤や塗料で部屋にものすごいシンナーの臭いが立ちこめる、ということにならないので、子供が作っていても安心していられるのがいいです。

 それでもいくつかアドバイスをしたのが、安くはないプラモデルなのでニッパーやカッターを使って部品の切り取りやはめ合わせは丁寧に行うこと。一気に作らずに、ゆっくりじっくり丁寧に作ること。塗装に関しては無塗装でもよかろうと何も言わなかったのだが、ガンプラを作ったことのある友達にきいてきたのか、知らない間にマジックを使ってスミ入れをしていた。ところどころはみ出してたり、お世辞にもきれいな仕上がりとは言えないんだけど、工夫して楽しむってのは大事だなぁと思います。

 というわけで、作ったりほったらかしたりを繰り返してやっとこさこの中間試験明けに出来上がったのが写真の宇宙戦艦ヤマト。今は彼の部屋に、パッケージの中に入っていた宇宙の図を背景に大事にディスプレイされています。

宇宙戦艦ヤマトのプラモデルはこちら
大人が楽しむ模型特集はこちら

2011年4月24日 (日)

トイラジコンのヘリ miniBeeを購入

Heli1 おもちゃのラジコンヘリ… 数千円でそこかしこで売られていて、もう珍しくもないのかもしれないけど、子供が誕生日プレゼントに欲しがったので我が家では初めて購入。このMini Beeというヘリコプター、世界最小級をうたっているだけあって、長さが約10cmぐらいしかない。こうやって写真で見ると立派に見えるけど、本当に小さくてこれで飛ぶのかと突っ込みたくなってしまう。

 また、初期のトイラジコンヘリのように発砲スチロールで作りました、といった感じではなく、ちゃんとプラスチック風のカウル(材質は不明ですが)が付いていて、いかにもヘリコプターといった雰囲気がただよっています。

Heli2 もうひとつ面白いギミックは、本体がすっぽりコントローラーの中に入ってしまうこと。これはアイディア商品としていいです。スキッドなんて細くて、小さいながらもいっちょまえにスタビライザーなんかもついていて、踏んづけたら壊れそうなんだけどこれなら遊んだあとにコントローラーの中に入れておけば安心です。

 充電は、一般的なこの手のトイヘリコプターと同じくコントローラーに機体をつないで行います。約30分の充電で、5分間のフライトが可能。機体が小さいせいか、単三電池4本で動くのでエコです(トイラジコンのヘリは単三が6~8本必要なものが多い)。Honey Beeシリーズのコントローラーは、スロットルが左スティックに付いたモード2仕様なので、個人的にはとっても操縦しやすいです。

Heli3 実際に飛ばしてみたのが、左の写真。当然のごとく最初は機体がくるくる回るので、トリムの調整だけを最初にしてやればあとは子供でも問題なく飛行可能。スロットルをやんわりと操作することと、急ハンドルを切らない(こちらはあんまり舵はききませんが)さえ注意すれば、すぐに慣れてばんばん飛ばしていました。

 Honey Beeよりは安定性は劣る気がしますが、それにしてもBeeシリーズは機体バランスの良さは超一流なので、ジャイロもセンサーもないのに非常に安定性良く飛んでくれます。軽いので、少々荒っぽい墜落をしてもまず壊れないのもいいです。

・トイラジコン ヘリコプター・飛行機の販売ページはこちら

2010年6月27日 (日)

鉄球ころころ…スペースワープにはまってみる

Spacewarp NHKで「ピタゴラスイッチ」なんて番組があって子供たちに大人気なんだけど、こういうからくり物って大人でも見ていて飽きないものですね。よく科学館の入り口とか駅のオブジェなんかにもあったりして、時間をつぶして見入ってしまいます。

 というわけで、今日のお題目は「スペースワープ」。かなり昔からあるインテリアホビーなので、作ったことがある方も多いのではないでしょうか。というわけで調べてみたら、実は発売されていた期間は1983~87の4年間で、永らく絶版になっていたものらしい。2本のレールの上を鉄球が転がっていくという単純なものだけど、いざ作ってみるとはまってしまうことうけあい。電動のエレベーターが付いていて、ちゃんと組めばほったらかしていても稼働するところがミソでしょう。

 オリジナルコースも作れるところがいいです。難易度高そうだけど、結構子供もはまるかも…

・スペースワープの試用レポートはこちら

2010年4月16日 (金)

楽しく貯められる貯金箱のセールやってます

貯金箱セール

 雑貨の中でも見ていてとっても楽しいのが貯金箱。お金を入れると画面のストーリーが進む「人生銀行」は大ヒット商品ですが、他にもゲーム的要素を持ったものをはじめ、パズルになっているもの、本にお金をはめこんでいくもの、キャラクター系などなど、いろんな貯金箱を売ってます。貯金が苦手、という方でも、これなら蓋を開けないぞって決心さえ付ければ、どんどんお金がたまっていくのではないでしょうか。

 というわけで、現在Joshin webでは初の試み(笑)として、貯金箱のセールをやっています。ページをながめているだけでも楽しくなってきますので、ぜひアクセスしてみて下さい。

「楽しくお金が貯まる 貯金箱セール」はこちら
まだまだあります、貯金グッズ

2010年3月20日 (土)

家庭用プラネタリウムの次は、天体望遠鏡シミュレーターはいかが?

ハイパーテレスコープ 家庭用のプラネタリウムとか家(うち)上げ花火とかいろんな商品が流行ってますが、次は何が登場するんだろうかと思ってたら出て来たのがこの「ハイパー・テレスコープ 天体図鑑」。

 商品名をきいた時には、プラネタリウムの新型かと思ったんだけど、これがひと味違う。いわゆる天体望遠鏡シミュレーターなんですね。

 天体観測をしたことがある方ならご存じだと思いますが、夜中に寒空の下、望遠鏡を片手にぐっとねばるのはなかなか体力が必要なもの。とりあえずは手軽に、天体望遠鏡の使い方をマスターしたい、なんて思った時にはぴったりの商品。

 なんと磁気方位センサーにより、本体を動かすと画面も動く。360度ぐるっと星が見られるというのも画期的です。星座図を重ねて見ることもできる上に乾電池とボタン電池で動くので、実際の天体観測に持って行くなんて使い方もアリなんじゃないでしょうか。

・ハイパーテレスコープ 天体図鑑(バンダイ)の販売ページはこちら

2010年1月 2日 (土)

謹賀新年・焼肉三昧

 あけましておめでとうございます。2000年問題から早いものでもう10年、2010年がやってきました。最近筆者もマンネリを感じる当ブログですが、連載をはじめた原点に戻って、身近な話題を中心にやっていこうと思っておりますのでよろしくお願いします。

Yakiniku

 というわけで、新年早々のお題目は「焼肉」。といっても本当に焼肉を食してるわけではありません。パーティーゲームの「~お肉バンバン取り合いゲーム~焼肉王」の登場です。このゲーム、ひとりでやってるとめちゃくちゃ暗くなってくるけど、人数が増えるほど楽しめるという典型的なパーティゲームです。ルールは単純で、焼肉の食材(肉、野菜、ウィンナーなどなど)をコンロの上に並べて、バンとひっくり返ったらトングで取るだけというもの。このシンプルさがいいですね。

 いざやってみると、バン・バンと食材がひっくり返るのが面白くて、下の子にはバカウケ。みんなでよだれをたらしながら、小一時間楽しみました。ついでにゲームが終わった後、おせちを前にして「焼肉が食べたい」とわがままを言い出した子供たちとヨメさんとの間に一波乱あったことも書き加えておきましょう(笑)。

「~お肉バンバン取り合いゲーム~焼肉王」の販売ページはこちら
ボード・パーティゲームはこちら

2009年11月25日 (水)

メリークリスマス! ラッピング袋を販売中

Xmas_lapping

 クリスマスが近づいてまいりました…。Joshin webのサイトも、ちょっと早いかなぁと言いながら、クリスマスに模様替えしております。というわけで、皆様ぼちぼちプレゼントの用意などをされているのではないでしょうか。子供たちが欲しがるおもちゃとかゲームは、クリスマス前に品切れになっちゃう場合が多いので、早めの確保がおすすめです。ひっそり注文して押し入れに隠しておく…なんてのがベストかな。

 というわけで、今回ご紹介するのはクリスマス用のラッピング袋。本当はきれいに包装してリボンなんか付けたいところだけど、ばりばりって破っちゃったらおしまいですよね。ラッピング袋だったら簡単に入れられて見栄えがいい上に、あとからおもちゃの整理袋にしたりできるので便利です。

 クリスマス用ラッピング袋の販売ページはこちらです

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店