« 耳や首への負担が軽く、持ち運び簡単なネックスピーカー | メイン | 【予約開始!】CASIO 新製品デジタルピアノ Privia「PX-S1100/PX-S3100」のご紹介! »

2021年7月 9日 (金)

【TVを簡単によい音で楽しもう!】おすすめのサウンドバースピーカー3選!

みな様、こんにちは!
外に出るとかすかに蝉の声が聞こえる大阪で、梅雨明けの様相を感じているとうふです。

さて、今回ご案内はTVと簡単接続でも本格的なサウンドが楽しめるサウンドバーをご紹介します。

まず、1本めはこちら

4548736089501ソニー
2.1chホームシアターシステム
HT-X8500

おすすめのポイント
①ソニー独自の「Vertical Surround Engine」搭載し、最新のサラウンドフォーマット「ドルビー・アトモス」「DTS:X」にも対応!
②小口径ながらウーファーを2基搭載し、迫力の低域表現能力!
③アンプ部にはソニーのデジタルアンプS-Masterを採用!

バースピーカーながらソニー独自のサラウンドエンジン搭載で2.1ch構成でも迫力の3Dサウンドを楽しめる、人気モデルです。
TV前のサウンドバーから横にも縦にも"空間が広がる"表現を楽しめます。
また、ウーファーがフロント側に搭載されており、直接的でパワーのある低音は映画やゲームの重低音をよりリアルに体感いただけるのではないでしょうか。

次におすすめはこちら

4951035071670 デノン
ホームシアターサウンドバーシステム
DHT-S216

おすすめのポイント
①バーチャル3D サラウンド技術「DTS Virtual:X」をサポートし、Pure/Movie/Music/Nightの選べるサウンドモードを搭載!
②ツィーター・ミッドレンジ・ウーファーの3ドライバ構造。中高域の明瞭さと、低域の力強さを両立!
デノンのサウンドマネージャー山内氏が開発初期から監修。ピュアオーディオに通ずるサウンドチューニングが施されています!

ピュアオーデイオやAVアンプでも著名なデノンの粋が詰まったサウンドバー
特筆すべきはピュアモード。サラウンド処理やヴァーチャル音声技術を通さないため、鮮度の高いサウンドが楽しめます
サラウンドも楽しめますが、その真価はハイエンド・オーディオのようなピュアモードによるリッチな表現力といえるかもしれませんね。

そして最後は

4968929057108 JBL
コンパクト2.0チャンネルサウンドバー
Bar 2.0 All-in-One

おすすめのポイント
①TVとの融和性を高めたコンパクトデザインながら、Dolby DigitalとJBL独自のサラウンド技術を搭載
②ドライバー×2基のシンプルな構成ながら、JBLのサウンドチューニング&新開発ドライバを搭載。明瞭かつ自然な音声を楽しめます!
③プロフェッショナルの現場でも使われる、JBLサウンドを手軽に楽しめます

映画館やスタジオでも導入のあるJBLサウンドをコストパフォーマンス高く楽しめる「価格はエントリー、しかしサウンドは本格派」なサウンドバーです。
ウーファーレスの2.0chですが、低域の力感もしっかりとして中/低域が充実したサウンドバーです。
特に声の質感の向上はすばらしく、昨今テレビの薄型化に伴うスピーカー表現能力に不満をお持ちの方にもコストパフォーマンス高く声の質感が向上するのでお勧めです。

「今のTVの音質はいまひとつ物足りない。。。」
「TVを買い換えたけど、音がなんか平面的だ。。。」
「省スペースでも迫力のある、映像と音声の一体感を楽しみたい」
などのご要望に、
「(ARC対応であればHDMI一本で接続して)簡単に
「(別筐体のウーファーが無いので)場所をとらずに
迫力のあるサウンドを楽しめる、サウンドバースピーカーはいかがでしょうか?

それではいつもお買い得な「Joshin Web」でお待ちしております。

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店