« 12月のおすすめインディーズ作品紹介 | メイン | SUPER BEAVER メジャー再契約後初のフルアルバム遂にリリース! »

2020年12月23日 (水)

華やかな新年の祭典「ニューイヤー・コンサート」



『ニューイヤー・コンサート2021』
リッカルド・ムーティ(指揮) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
2021年1月27日発売予定 (SICC-2221/2)


毎年1月1日にウィーンの楽友協会(ムジークフェライン)の黄金ホールで開催される、一年で最も華やかなウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサート。
2021年は同コンサート史上初めて、無観客で開催されることになりました。

今回の指揮は2018年以来6回目の登壇を果たす巨匠リッカルド・ムーティ。指揮界の王者の貫禄を見せつけてくれることでしょう。
演奏曲目は、シュトラウス一家やその同時代の作曲家の豊かなレパートリーから、ニューイヤー・コンサートの定番曲や、今回が初登場となる「ファティニッツァ行進曲」 「音波」 「バーデン娘」 「坑夫ランプ」などは要チェック。
また「マルゲリータ・ポルカ」 「ヴェネツィア人のギャロップ」はイタリアと縁の深い曲で、イタリア出身のムーティがどんな魅せ方をするのか楽しみです。

[収録予定曲]
1.ファティニッツァ行進曲(スッペ)
2.ワルツ「音波」作品148(ヨハン・シュトラウス2世)
3.「ニコ殿下のポルカ」作品228(ヨハン・シュトラウス2世)
4.ポルカ・シュネル「憂いもなく」作品271(ヨーゼフ・シュトラウス)
5.ワルツ「坑夫ランプ」(ツェラー)
6.ギャロップ「贅沢三昧」(ミレッカー)
7.喜歌劇「詩人と農夫」序曲(スッペ)
8.ワルツ「バーデン娘」作品257(コムザーク)
9.「マルゲリータ・ポルカ」作品244(ヨーゼフ・シュトラウス)
10.「ヴェネツィア人のギャロップ」作品74(ヨハン・シュトラウス1世)
11.ワルツ「春の声」作品410(ヨハン・シュトラウス2世)
12.ポルカ・フランセーズ「クラップフェンの森で」作品336(ヨハン・シュトラウス2世)
13.「新メロディ・カドリーユ」作品254(ヨハン・シュトラウス2世)
14.皇帝円舞曲作品437(ヨハン・シュトラウス2世)
15.ポルカ・シュネル「恋と踊りに夢中」作品393(ヨハン・シュトラウス2世)

以上のほか当日のアンコール曲を収録予定

◆輸入盤/CDはコチラ
◆輸入盤/LPはコチラ

◆国内盤/ブルーレイはコチラ
◆輸入盤/ブルーレイはコチラ
◆輸入盤/DVDはコチラ

異例の状況で開催される2021年のニューイヤー。
無観客でその場の雰囲気がどう伝わるか、いろいろと注目のコンサートになること間違いなし!
ご注文お待ちしております!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店