« 爆音!世界の蒸気機関車 | メイン | 2月のオススメ音楽映像作品紹介 »

2021年2月23日 (火)

鉄道ソフトのビコム、初のCD作品「特急踊り子」


『185系 特急踊り子 小田原~東京 轟くMT54D形電動機』
(2021年03月01日発売予定 VCD-0201)


前回機関車ネタでしたので、今回は電車のサウンドネタですmusic

鉄道関連のブルーレイ・DVDソフトのシェア全国一を誇るビコムから、初のCD作品cdが登場します。
2021年3月のダイヤ改正でついに定期運用が終了weepとなる、首都圏最後の国鉄特急形車両185系。
日本国有鉄道が1981(昭和56)年に運用を始めた特急形直流電車の185系車両は国鉄が最後に製造した車両で、特急形電車でありながら普通や通勤快速など幅広く利用されてきました。

本作は最近の車両では体感することのできない、骨太で力強い「MT54D形直流直巻電動機」のモーター音をリアルにひたすら堪能できる作品となっていますlovely
昭和、平成、令和と3つの元号を走り抜けた185系の音遺産、間もなく去りゆく車両の歴史的資料としても手元に置いてほしい1枚です。

音源は、2018年8月に発売した映像作品「185系特急踊り子108号」の前面展望撮影時に録音した音声を使用してCD化されています。「MT54D形直流電動機」の昔ながらのモーター音と車内放送音、さらに車外の走行音も収録されています。

[収録内容]
01. 小田原駅→大船駅
02. 大船駅→横浜駅
03. 横浜駅→川崎駅
04. 川崎駅→品川駅
05. 品川駅→東京駅
06. 185系走行音

録音日:2018年5月29日
集音車両:185系 A7編成 10両 3028M 特急踊り子108号

こちらもオススメ↓

『185系 特急踊り子108号』
(好評発売中 VB-6757)

上記CD盤の映像作品となります。東京と伊豆急下田・修善寺を結ぶ特急『踊り子』。
国鉄時代に製造された車両で運転される特急は、JR東日本では唯一となっておりとても貴重な存在です。 特急形車両らしくモーター音を唸らせ高速で東進し、次第に都心へ。ラストは輻輳するレールや首都圏を走る電車たちとともに、東海道本線の起点・東京駅に到着。この貴重な特急列車の旅路を記録しています。

ご注文お待ちしておりますhappy02

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店