« ~『名探偵コナン』主題歌・BGM特集~大野克夫ファン注目!劇場版初期10作品のサントラ復刻BOX!【後編】 | メイン | 今月のオススメ!ハードロック・ヘヴィメタル商品 »

2021年3月22日 (月)

RATTのオリジナル・メンバーによる貴重なライブ盤がリリースされます!

※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。

80年代にアメリカ西海岸から始まり、世界的に流行った“LAメタル”ブームの牽引役を担っていたラット
当時モトリー・クルーとともに爆発的に人気を誇っておりました。

彼等は同時期に東海岸で活躍していたボン・ジョヴィと同様に、あの大御所バンド、エアロスミスに影響を受け、ボン・ジョヴィはポップ寄りなハード・ロック、モトリー・クルーは不良系ハード・ロック、そしてラットは色気のあるグラム系ハード・ロック・バンドとしてそれぞれが個性を発揮しながら当時の若者の心を掴んだのです。

今回はラットについてのお話ですが、エアロスミスの4作目にあたる名盤『ロックス』というアルバムの中に“地下室のドブねずみ(Rats In The Celler)”という曲が収録されております。

で、ラットのデビュー・アルバムは『情欲の炎(Out Of The Cellar)』というわけで、邦題では分かりませんが、原題を見ると、エアロスミスの曲に答えるかのように“地下室から出てきたねずみ達”ということになります。
きっとエアロスミスに対するオマージュが込められているんでしょうね。

デビュー・アルバムから3作目あたりまでは彼らの全盛期で、彼等の音楽はラットン・ロール(RATT N' ROLL)と呼ばれ、女性ファンにモテモテ(笑)。
当時日本でもMTVが放送され始めたこともあり、日本の若者の多くは彼等のモテモテぶりに脳天を割られたような衝撃を受け、彼等に続けとばかりに楽器を手にしたとかしなかったとかcoldsweats01

そんな彼等のオリジナル・メンバーによる全盛期の音源が今回ライブ・アルバムとなってリリースされます。

ノリに乗っている時期のツアーのひとコマだけに今聴いても絶対カッコいいはず。

往年のファンは懐かしくて涙を流すかもしれませんし、若い方には一周回って逆に新しいかもしれませんね(笑)。

収録曲も彼らのヒット・ナンバーが網羅され、まるでベスト盤のような選曲になっています。

とにかく発売が待ち遠しい一枚です。

RATT『GERMANY 1987 JAPAN 1988 【輸入盤】』は、
Joshin webにて予約受付中です!

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店