ハード・ロック&ヘヴィ・メタル Feed

2021年7月24日 (土)

今月のオススメ!ハードロック・ヘヴィメタル商品


『パラベラム/イングヴェイ・マルムスティーン』[KICP-4032]

メタル・シーンのトップに君臨するギタリスト、王者イングヴェイ・マルムスティーンの約2年半ぶりとなる新作。
自らの原点とも言えるネオ・クラシカルなヘヴィ・メタルを追求しており、全編に渡り超絶ギター・テクニックを駆使した渾身作!!


『ザ・ナイトメア・オブ・ビーイング/アット・ザ・ゲイツ』[QATE-10128/9]

スウェーデン出身、メロディック・デス・メタルのオリジネーターとして知られるアット・ザ・ゲイツ、再結成第3弾となるアルバム!


『リーヴ・ア・スカー/ディー・スナイダー』[GQCS-91060]

元トゥイステッド・シスターのディー・スナイダーによる3年ぶりのニュー・アルバム。
ヘイトブリードのジェイミー・ジャスタが再び全面的にバックアップした本作は、とにかくヘヴィな会心作!
カンニバル・コープスのジョージ”コープスグラインダー”フィッシャーがゲスト参加!


『ロスト・ノット・フォゴトゥン・アーカイヴズ:ア・ドラマティック・ツアー・オブ・イヴェンツ~セレクト・ボード・ミックス/ドリーム・シアター』[SICP-31443/4]

プログレッシヴ・メタルの頂点に君臨し続けるドリーム・シアターが、
ライヴ、デモ、スタジオ・アウトテイクなどの秘蔵音源を公式ブートレグとしてリリースする“Lost Not Forgotten Archives”(“忘るまじ喪失音源集”)シリーズ。
その第2弾は、2011年9月発売の11thアルバム『ア・ドラマティック・ターン・オブ・イヴェンツ』を引っさげた2011/2012年ツアーよりセレクトされたライヴ音源。


『ハート、マインド・アンド・ソウル/ハードライン』[MICP-11634]

『ダブル・エクリプス』(1992年)のデビュー以来、日本では安定した人気を誇るハードラインのニュー・アルバム。
ジョニー・ジョエリ(Vo)の高い歌唱力を活かした、アレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(Key)によるメロディック・ロック作品。


『ザ・レコニング/ローレンネ,ロウヒモ』[MICP-11641]

スマックバウンドのネッタ・ローレンネ(Vo)とバトル・ビーストのノーラ・ロウヒモ(Vo)という北欧の新進気鋭の女性シンガー2人によるプロジェクトのデビュー・アルバム。,br> 女性シンガー同士の組み合わせは珍しく、非常に華のあるプロジェクトとなっている。
楽曲も2人が歌うに相応しい絢爛豪華かつ力強いメロディック・メタル/ロック。


『オヴ・ポエトリー・アンド・サイレント・マスタリー/プラテンズ』[MICP-11637]

イタリア産メロディック・ロック・ユニット、プラテンズの7年ぶりとなるサード・アルバム。
メロディック・メタルの要素も持つ、煌びやかで力強さも併せ持つメロディック・ロック。


『コール・オブ・ザ・ワイルド(2枚組)/パワーウルフ』[GQCS-91057/8]

白塗りにオカルティックなイメージと正統派パワーメタルのギャップが強烈なドイツのパワーウルフがニュー・アルバムをリリース。
冒頭から重厚なオーケストラ+クワイヤ+疾走ナンバーと、パワー・メタル・ファン狂喜乱舞間違いなしの傑作。


『チェンジズ/トビー・ヒッチコック』[MICP-11636]

ジム・ピートリック率いるプライド・オヴ・ライオンズで、長きにわたりピートの相棒として在籍するトビー・ヒッチコック(Vo)の3作目となるソロ・アルバム。
1stのエリック・モーテンソン(エクリプス)、2ndのダニエル・フローレス(ザ・マーダー・オヴ・マイ・スウィート他)に続き、本作では制作パートナーにアレッサンドロ・デル・ヴェッキオを起用。
高品質のメロディック・ロック作品に仕上がっている。


『Battle Against Justice/FATE GEAR』[SSRF-07]

ガールズ・スチームメタル“楽団FATE GEAR”のDVD 付きシングル。
カップリングにはドイツのパワーメタルバンド“VICTORIUS” の公認カヴァー「Super Sonic Samurai」を収録。

ご注文お待ちしておりますhappy01

2021年7月12日 (月)

伝説的ロックバンド、KISSの新たなシリーズ第1弾『オフ・ザ・サウンドボード: TOKYO 2001』



あのアニマル・メイクが象徴的なアメリカを代表するロック・バンドKISSですが、新たなオフィシャル・ライヴ・ブートレグ・シリーズ“KISS - オフ・ザ・サウンドボード”のリリースを開始します。

彼らのライヴは一度観にいったことがありますが、それはそれはエンターテインメントとしては“超”がつくほどのハイ・クォリティ。

ジーン・シモンズがベースを銃のように構え、銃声と同時に“バンッ!”と撃つしぐさをすると、光る弾のようなものがアリーナの天井に向けて一直線に飛び出し、照明の一つが“バチッ!”と鳴って火花を吹いて落ちかけ、配線によってぶらぶら揺れているというパフォーマンス。

その他にもステージ上で花火はドカンドカンと吹き上がり、ポール・スタンレーが色気のあるステップでギターをかき鳴らしながら唄う様子と、ジーン・シモンズが仁王立ちで長い舌を出しながらベースを弾く様が印象的で、彼らに酔いしれたあっとい間の時間だった記憶があります。

彼らもインタビューで語っていましたが、ファンは新曲より往年の名曲を聴きたってがることも踏まえ、ファンの見たいもの、聴きたいものをよくわかった上で“魅せる”ということに重点を置いたステージは、本当の意味でのエンターテインメントでした。

70年代から今まで第一線で活躍し続け、50年にもなるキャリアの中で、アニマル・メイクのおかげもあってでしょう、さほどの老化を感じさせないのは本当に驚きです。

そんなKISSもファイナル・ツアーとしてワールド・ツアーを回っていましたが、新型コロナウィルスによって最終公演は2022年以降に持ち越しております。

コロナのせいとはいえ、ファンにとってはKISSが末永く続くことはありがたいですよね。

そんな彼らの新たなオフィシャル・ライヴ・ブートレグ・シリーズ“KISS - オフ・ザ・サウンドボード”としての第1弾は2001年の東京公演。

昔から日本のファンを大事にし続けてくれた彼らの思いやりが見えます。

曲目は“デトロイト・ロック・シティ“に始まり、“ラヴ・ガン”“ラヴィン・ユー・ベイビー“”などベスト中のベストとも言える内容です。

ライヴでこそ真価を発揮する彼らのサウンドボード録音による音質はお墨付き。

それに東京のオーディエンスの熱気が加わり、彼らの過去のライヴ・アルバムにも負けず劣らずのアルバムとなっております。

いつまでの変わってほしくない伝説的ロック・バンドの一つ、KISSの最新作、ぜひお楽しみください。

KISS『オフ・ザ・サウンドボード:TOKYO 2001』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2021年6月12日 (土)

今月のオススメ!ハードロック・ヘヴィメタル商品


『ハロウィン/HELLOWEEN【完全版】(初回生産限定盤)/ハロウィン』[VIZP-167]

『通常盤はコチラ』[VICP-65555]
ヘヴィ・メタルの守護神HELLOWEEN、カイ・ハンセンとマイケル・キスクが復帰した黄金の7人での初のフルレングス・アルバム!
限定盤はデジブック仕様、CD2枚組。メインCDに収まらなかった完全新曲3曲と、7人編成初のシングルとして発表した「パンプキンズ・ユナイテッド」を含む4曲を収録。


『ヘルバウンド/バックチェリー』[SICX-166]

前作より2年ぶり、通算9枚目となるオリジナル・アルバム!
ミッド・テンポ、バラード、ハードなロックナンバーなど、典型的なバックチェリー・トラックが楽しめる1枚。


『ライヴ・イン・ティルバーグ(Blu-ray Disc付)/エイルストーム』[GQCS-91046/7]

トゥルー・スコティッシュ・パイレーツ・メタルを標榜するエイルストームのライヴ作品!
3000人の大会場をソールドアウトにした、バンド史上最大のヘッドライナー・コンサート。
新旧の楽曲が満遍なく演奏されており、エイルストーム入門としても最適な作品。


『アイ・トゥ・アイ/ザ・ダットサンズ』[QATE-10127]

ニュージーランドで結成された4人組ザ・ダットサンズ、通算7枚目となる、7年ぶりの新作。
円熟のザ・ダットサンズ・サウンズが楽しめる、良質のロック・アルバム。


『アグレッション・コンティニュアム/フィア・ファクトリー』[GQCS-91051]

90年代のエクストリーム・メタル界に革命を起こしたフィア・ファクトリーによる6年ぶり10枚目のアルバム!
ひたすらヘヴィ、ブルータル、グルーヴィな本作は、ベテラン・エクストリーム・メタル・バンドによる面目躍如たる出来。


『ゴー・アヘッド・アンド・ダイ/ゴー・アヘッド・アンド・ダイ』[GQCS-91035]

マックス・カヴァレラ(元セパルトゥラ、ソウルフライ等)が息子イゴール・アマデウス・カヴァレラとタッグを組んだ新バンド、ゴー・アヘッド・アンド・ダイ。
オールドスクール好きにはたまらない初期ケルティック・フロストへの強烈なオマージュ!


『ハンマー・キング/ハンマー・キング』[GQCS-91042]

ドイツのパワー・メタル・バンド、ハンマー・キングのニュー・アルバム!
元マノウォー、ロス・ザ・ボスのバンドでも歌っていた経験を持つタイタン・フォックスVをフィーチャ。ヘヴィ、スピーディ、キャッチーと、パワー・メタルの三種の神器をすべて揃えた傑作。


『ザ・ランブル/ケント・ヒッリ』[MICP-11627]

パーフェクト・プランのヴォーカリスト、ケント・ヒッリ初のソロ・アルバム。
往年のAOR/メロディック・ロックに影響を受けたサウンドに、ケントの力強い歌声が楽しめる作品。


『UNION GIVES STRENGTH(初回限定盤)/GALNERYUS』[WPZL-31815/6]

『通常盤はコチラ』[WPCL-13279]
日本が世界に誇る超絶クリアハイトーンボーカリスト小野正利、21世紀のギターヒーローSYUに超絶技巧をもったメンバーで構成される日本のトップ・メタルランナーGALNERYUS。
Drumsに新メンバーLEAを迎えてのミニアルバムは、待望の新曲に加え、
「DEEP AFFECTION」、「EVERLASTING」の再録バージョンも収録。
初回限定盤にはライブ作品『FALLING INTO THE FLAMES OF PURGATORY』 の発売を記念して開催された、新ドラマーLEAを迎えた初のステージでもあり、自身のキャリア史上初となる配信ライブの模様を収録したDVDも同梱。


『ArcheoNyx -Deluxe Edition-/ANCIENT MYTH』[RETS-23]

『通常盤はコチラ』[RETS-25]
シンフォニック・メタル・バンド ANCIENT MYTH、9年ぶりに放つオリジナル・アルバム!
メロディック・パワー・メタルを軸としつつも、オペラ/クラシックの歌唱法をも導入、生のストリングスを全編に配し、さらには初めての試みとして和楽器も一部楽曲で使用、独自性の高いシンフォニック・パワーメタルをここに確立!
デラックス・エディションはシンフォニック・サウンドをより一層楽しめる、オーケストラ・ヴァージョンのディスクが付いた2枚組。

ご注文お待ちしておりますhappy01

2021年5月22日 (土)

今月のオススメ!ハードロック・ヘヴィメタル商品


『クリーチャーズ・オヴ・ザ・ダーク・リルム/ブラッドバウンド』[MICP-11626]

ファンの間で高い評価を受けた前作「ライズ・オヴ・ザ・ドラゴン・エンパイア」から約2年、スウェーデンのメロディック・パワー・メタルのベテラン、ブラッドバウンドの通算9枚目となるフルレンス・アルバム。
日本盤にはボーナス・トラックとして2018年のライヴ音源を2曲追加収録。


『ヴェラクルス/エドゥ・ファラスキ』[KICP-4033]

完全復活を遂げた稀代のヴォーカリストが放つ新作は、原点であるメロディック・メタルに回帰した強力作!!


『デイ・アンド・エイジ/フロスト*』[SICP-31429]

2004年にキーボーディストのジェム・ゴドフリーを中心に英国で結成されたプログレッシヴ・ロック・バンド、フロスト*の2016年以来となるスタジオ・フル・アルバム。


『コ・イグジスト/ヤコブ・サミュエル』[MICP-11566]

惜しまれつつ2018年末に解散してしまった日本でも高い人気を誇るプードルズのヴォーカリストとして知られるヤコブ・サミュエルの、2作目となる8年ぶりのソロ・アルバム。


『イッチ・ユー・キャント・スクラッチ/ミッドナイト・シティ』[MICP-11625]

2017年にセルフ・タイトルのアルバムで鮮烈なデビューを果たし、瞬く間にメロディック・ロック・ファンを虜にした、イギリス出身ミッドナイト・シティの、前作から2年半ぶりとなるサード・フルレンス・アルバム。


『ジ・アイズ・オブ・マーチ/マイルス・ケネディ』[GQCS-91028]

アルター・ブリッジやスラッシュのバンドでの活躍で知られる実力派ヴォーカリスト、マイルス・ケネディが待望のセカンド・ソロ・アルバム。
ブルースを基調とした極上のハードロックを聴かせる本作は、ヴォーカリストとしてはもちろん、ギタリストとしてのマイルスの図抜けた才能も楽しめる傑作!


『スタンディング・オン・ジ・エッジ/ロビン・マッコーリー』[MICP-11621]

マイケル・シェンカー・フェスト/マッコーリー・シェンカー・グループやブラック・スワン等で今も精力的に活躍するヴォーカリスト、ロビン・マッコーリーの約22年振りのソロ・アルバム。


『デリリウム/セヴンス・クリスタル』[MICP-11624]

イタリアのメロディック・ロック/メタルの専門レーベル、フロンティアーズ・レコードが発掘し新たに送り出す、スウェーデンからメロディック・ロックのニュー・カマー「セヴンス・クリスタル」のデビュー・アルバム。


『イーヴィル・アンド・ディヴァイン/サンボム』[MICP-11619]

80’s LAメタルの雄が奇跡の邂逅。L.A. GUNSのトレイシー・ガンズとSTRYPERのマイケル・スイートを中心に結成されたニュー・バンドSUNBOMBが始動。

ご注文お待ちしておりますhappy01

2021年4月28日 (水)

入手困難だった名盤、Mr.BIGの『LEAN INTO IT』が30周年記念盤としてリリース!

◆他の輸入盤はコチラ→『SACD』『7inch Boxset』

輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


ロック史上屈指の名盤と称えられてはいますが、入手困難となっていたMr.BIGのアルバム、『LEAN TO IT』がこのたび30周年記念盤としてリリースされることになりました。

あまりにも有名な機関車のジャケットも洋楽を聞く人なら一度は見た事があるでしょうね。
デビュー作もハット&ブーツのジャケットでシブかったのですが、このジャケットもカッコ良くて大好きなんです。

思わずジャケ買してしまいそうになるくらいカッコいいのですが、中身もジャケットに負けず劣らずの内容。

1曲目の“Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song)”から彼等の世界に一気に引き込まれます。
この曲のイントロでは、ギタリストのポール・ギルバートがなんと電動ドリル先端にピックを取り付け、ギターをかき鳴らすという彼独特のぶっとんだ奏法で本アルバムの最初の聴きどころです。
この奏法がインパクト有り過ぎて有名になってしまったのですが、この曲全体を包み込むの疾走感はかなりクールです。

またアルバム最後の曲は全米1位を獲得し、彼等の名をロック・ファン以外にも知らしめた“To Be With You”。
エリック・マーティンのヴォーカルが心に染み渡ります。

この2曲だけでじゅうぶん価値があるのですが、その他の曲もボーナス・トラックも含まれ、彼等の魅力と超絶テクが満載で何度聴いても楽しめるほどの内容です。

音質も今回レベル・アップしたMCA-CD以外にもSACDや7インチのアナログ盤もあり、ちゃんと最新のリマスターも施されているので永久保存盤になること間違いなし。

30年前彼等の登場に心を奪われ、バンドを始めた"元"ロック少年から、30年前はこの世に影も形も無かったhappy01若い方々まで、要は全てのロック・ファンが頷く彼等の名盤をこの機会に是非お手元にいかがでしょうか。

MR.BIG『LEAN INTO IT (30TH ANNIVERSARY EDITION)(MQA-CD) 【輸入盤】は、
Joshin webにてご予約受付中です!

2021年4月21日 (水)

今月のオススメ!ハードロック・ヘヴィメタル商品


『アウト・オブ・ディス・ワールド(完全生産限定盤)/アウト・オブ・ディス・ワールド』[VIZP-166]

FAIR WARNINGのシンガー=トミー・ハートと元EUROPEのキー・マルセロによる新生メロディアス・ハードロック・バンドによるデビュー・アルバム!
FAIR WARNINGやEUROPEの曲も含むフル・ライヴCDを同梱した日本独自リリースの2CD完全生産限定盤!


『ウィンターベイン/フローズン・クラウン』[MICP-11610]

ビー・ザ・ウルフ、ヴォルトゥリアンを率いるフェデリコ・モンデッリ(Vo, G)率いるメロディック・メタル・バンド、フローズン・クラウンの3rdアルバム。


『ヴァルチャーズ・ダイ・アローン/アリオン』[MICP-11613]

フィンランドの実力派若手メロディック・パワー・メタル・バンド「アリオン」の、前作から2年半振りとなる、通算3作目のフルレンス・アルバム。
本作も前作からの流れを汲む、パワーとメロディに満ち溢れた渾身作。


『フェーズ2/ジ・エンド・マシーン』[MICP-11615]

元ドッケンのメンバーを中心としたバンド「ジ・エンド・マシーン」の最新作となるセカンド・アルバム。
前作に引き続き、古き良き80sロックの香りを残しつつ、華美な装飾を取り払った骨太な正統派ロック作品に仕上がっている。 


『ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット/ゲイリー・ムーア』[SICX-30100]

ゲイリー・ムーアの没後初となる、そしてこれが恐らく最後と言われている待望の未発表スタジオ音源がついに登場!
これまでライヴ音源でしか聴けなかった「I'm Tore Down」のスタジオ・テイク、 未発表曲でゲイリー節炸裂の泣き系バラード「In My Dreams」、完全別アレンジの再録音源「Love Can Make A Fool Of You」や「Done Somebody Wrong」、など、聴き応え十分の貴重な音源集となっている。


『ライヴ・フロム・ロンドン/ゲイリー・ムーア』[SICX-30103]

ゲイリー・ムーアの2009年12月2日のロンドン公演がついに日本でもリリース!
彼の最後の雄姿を観た人も見逃した人にとっても、この作品はゲイリー・ムーアが晩年に見せた絶品ライヴの貴重な記録として極めて大切な1枚となることだろう。


『ザ・バトル・アット・ガーデンズ・ゲート/グレタ・ヴァン・フリート』[UICY-15978]

無限の可能性を秘めた“ロックの未来” 米ミシガン州出身の4人組バンド、待望のセカンド・アルバム。
世界中のロック・ファンが騒然となった、平均年齢20歳でのデビュー作『アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー』から2年半ぶりの新作。


『スカイフォール/ハロウィン』[VICP-35113]

カイ・ハンセンとマイケル・キスクが電撃復帰したHELLOWEENによる、完全無欠の最新シングル!
本作には、2つのヴァージョンのタイトル曲を収録。
約7分のシングル・エディット・ヴァージョンと、3人のシンガーたちの歌い分けがアルバム・ヴァージョンとは異なる約12分のオルタナティヴ・ヴァージョンを収録!


『ザ・グレイテスト・ミステイク・オブ・マイ・ライフ/ホールディング・アブセンス』[GQCS-91031]

ウェールズのポスト・ハードコア・バンド、ホールディング・アブセンスのセカンド・アルバム。
ひたすら美しく激しく、エモーショナルかつエピックなスタイルは、メタルからハードコアに至るまで幅広いファンにアピールすること間違いなし。


『コルピの暗黒事件簿/コルピクラーニ』[GQCS-91022]

フィンランドのフォーク・メタル・バンド、コルピクラーニによる11枚目のアルバム。
前作では内省的な作風を見せたが、今回はいつものコルピが完全復活。
エクソダスのジャック・ギブソンがバンジョーでゲスト参加。


『パイロマイド/テンプル・ボールズ』[GQCS-91021]

フィンランドのメロディック・ハードロック・バンド、テンプル・ボールズのサード・アルバム。
。前作に引き続き、H.E.A.Tのヨナ・ティーをプロデューサーに迎えた本作は、大合唱必至のサビ、メロディックなギターソロ、パワフルなドラミング、そしてそこはかとない北欧らしい哀愁と、ファンが彼らに望むものがすべて詰まった傑作!

ご注文お待ちしておりますhappy01

2021年3月23日 (火)

今月のオススメ!ハードロック・ヘヴィメタル商品


『ネイチャーズ・ライト(初回生産限定盤)/ブラックモアズ・ナイト』[GQCS-91011/2]

『通常盤はコチラ』[GQCS-91010]
全世界のリッチー・ファン待望、ブラックモアズ・ナイト5年半ぶり、11枚目のアルバムがついに登場!
初回生産限定盤は過去のアルバムから選りすぐりの9曲を収録したディスク付きの2枚組。


『オール・ザ・ライト・ノイゼズ/サンダー』[WPCR-18406/7]

正統派ブリティッシュ・ロックの英雄が放つ、堂々たる最新作!
日本盤はライヴ音源などを収録したボーナス・ディスクを追加した2枚組エディションで発売。
さらに日本盤のみの封入特典としてメンバーの直筆コメントをプリントした特製フォト・カード付!


『ノー・ワン・シングス・ライク・ユー・エニモア/クリス・コーネル』[UICY-15970]

ロック界が誇る<声> クリス・コーネル、最後のスタジオ・アルバム。
ジャニス・ジョプリン、ジョン・レノン、プリンスなど、クリス・コーネルが影響を受けた10曲のカヴァー・ヴァージョンを収録。


『ライヴ・バイ・ファイア II/エンフォーサー』[GQCS-91014]

スウェーデンきってのメタル・マニア、オロフ・ヴィクストランド率いるエンフォーサーによるライヴ・アルバムが登場。
デビュー作から最新のアルバム『ゼニス』の曲まで満遍なくたっぷり17曲を収録。


『The Bitter Truth(デラックス・エディション)/エヴァネッセンス』[UICN-9038]

『通常盤はコチラ』[UICN-1101]
ゴシックロックのアイコンとして長く君臨してるエヴァネッセンス、約10年ぶりの通算5枚目のニュー・アルバム!


『クイーン・オヴ・ブロークン・ハーツ/イッサ』[MICP-11605]

北欧メロディック・ロック界の歌姫の一人ISSAの約3年ぶり通算6枚目のスタジオ・アルバム。
今作も彼女の本領である、ポップでキャッチーなロックを展開。


『ア・ヴァーチャル・ワールド/メタライト』[MICP-11616]

スウェーデンのメロディック・メタル・バンド「メタライト」の3枚目となる最新作!
今作のミキシング・とマスタリングを担当するのは、バンドをデビュー・アルバムから支えている、グラミー賞にノミネートもされたプロデューサー兼エンジニアのヤコブ・ハンセンが担当。


『ザ・ブルー・ドーン/オッド・ディメンション』[GQCS-91017]

イタリアのプログレッシヴ・メタル・バンド、オッド・ディメンションによる8年ぶりのサード・アルバム。
元ドリーム・シアターのスーパー・キーボーディスト、デレク・シェリニアンをフィーチャした、10分を超えるタイトル・トラックは圧巻!


『アフターライフ/サンストーム』[GQCS-91008]

ロニー・ロメロをヴォーカリストに迎えて制作されたサンストーム5枚目のアルバム。


『スージーの心奥/スージー・クアトロ』[MICP-30150]

“ロックの女王”として55年以上のキャリアを誇る伝説的女性ロッカー、スージー・クアトロの2年ぶりのスタジオ・アルバム。
「BETTY WHO?」ではゲストとしてランナウェイズのシェリー・カーリーが参加。


『GLORY, GLORY, TO THE WORLD(完全限定盤A)/LOVEBITES』[VIZL-1873]

『完全限定盤Bはコチラ』[VIZL-1874]
『通常盤はコチラ』[VICL-65483]
国内外で活動する女性5人組へヴィ・メタル・バンドLOVEBITES、様々な魅力を最大限まで高めた4曲入りミニ・アルバム!
完全限定盤AはDVDが、完全限定盤Bにはシングルが付属。

ご注文お待ちしておりますhappy01

2021年3月 2日 (火)

ジョエル・ホークストラズ13/ランニング・ゲームズ

皆様、こんには、こんばんは。ウエルシュですdog
本日ご紹介する作品はこちらsign03
2021年2月12日発売
『ジョエル・ホークストラズ13/ランニング・ゲームズ』


◆ジョエル・ホークストラズ13/ランニング・ゲームズ[MICP-11601]


アルバム全体の感想としては、さすがに場数を踏んでいるだけあって、ツボを押さえた心地よいハード・ロック・サウンドが盛り沢山な内容ですlovely
ジョエル・ホークストラのソロ・プロジェクトながら、『以前から活動しているバンドsign02』と思えるほど、ひじょうにまとまっている楽曲が多く、それもそのはず、ラッセル・アレン(Vo)、ヴィニー・アピス(Dr)、トニー・フランクリン(B)、ジェフ・スコット・ソート(Vo)、デレク・シェリニアン(Key)と、超豪華な布陣がゲスト参加しておりますsign03
ボーナス・トラック含め全12曲、どの曲も『王道ハード・ロック・サウンド』を感じさせるのは、その道を歩んできた強者達の成しえる技ですねhappy01
往年のハード・サウンドがお好きな皆様、ご注文をお待ちしておりますgood

2021年2月24日 (水)

新世代天才ギタリスト、タッシュ・サルタナ、待望の2ndアルバムをリリース!


◆輸入盤はコチラ→『CD』『TRANSPARENT RED VINYL BOX SET(Tシャツ入り)』『OPAQUE YELLOW VINYL』『VINYL』
輸入盤に関して
※海外メーカー都合により、商品内容が急遽変更となる場合がございます。
※発売日は現地の発売日です。※日本語ブックレット等は付属しておりません。
※輸入盤のため、ケースやジャケットに若干の傷や汚れがある場合がございます。予めご了承下さい。


音楽ライフの中で、古き良き時代の音楽を聴くのもとても好きなのですが、それとは反対に雨後のタケノコのように次々と出てくる新世代のアーティストをチェックするのも結構楽しんでいます。
そこでまた新たな才能に出会ってしまいました。

“ジミヘン(ジミ・ヘンドリックス)”の再来と言われるギター小僧ならぬ、ギター女子、その名はタッシュ・サルタナ

ギターの才能もさることながら、全て自分で演奏し、メルボルンのストリートから這い上がってきた彼女。両腕のタトゥーがワイルド。

多くのコメントで引き合いに出されるのはジミヘンやサンタナ
2人ともギターの神様的存在なので、普通であれば彼等と比較するのも失礼かもしれません。
ところが彼女はジミヘンの再来と言わしめたほどの実力。
ということは絶対普通じゃないはず。

これはチェックするしかありません。
ということでいくつかの動画を観ましたが、音楽性がハード・ロックというより様々なジャンルがミックスされてJazzやR&Bにも似た深みと耳心地の良さが印象的。
まずは(ん?ジミヘンの再来?どこが?)って感じです。

ところがギター・ソロになると突然牙をむき出すかのように、その天才ぶりを発揮。
人を惹き付けるだけの本物感に溢れたギター・ソロ。
このギャップが衝撃的かつとてもクールです。

これは確かにジミヘンの再来と言われるほどの実力。。。
テクニックだけではなく、血の気の多さからほとばしるようなエネルギー値の高さ。
まだ20代なのですが4歳から弾いてるので既に20年前後のキャリアを重ねています。

こんな若い世代のギター・ヒーローみんな待ってたんじゃないかなとふと感じてしまいました。

男性より女性が逞しい時代なんでしょうね。

個人的には男性でも女性でもカッコイイものはカッコイイ。
一人のアーティストとしての自己表現のスタイルが確立されていて、 そこに自信が加わって自己主張となるのであればあとはウケるかどうか。
でもそこは2019年のサマソニに登場し、聴衆をぶちのめすほどのパフォーマンスで圧倒し、しっかりと爪あとを残して帰っていったみたいです。
とにかくこれからがとても楽しみです。

そんな彼女の2枚目にあたる新作がこのたびリリースされます!

人生丸く収まろうなんて全く考えてもいないであろう彼女のニュー・アルバム、これは聞き逃せないですよ。

タッシュ・サルタナ『テラ・フォーマ』は、
Joshin webにて予約受付中です!

2021年2月21日 (日)

キング・コブラ /レディ・トゥ・ストライク

皆様、こんにちは、こんばんは。ウエルシュですdog
今回ご紹介するのはこちらsign01
2018年3月14日発売
『キング・コブラ/レディ・トゥ・ストライク』


◆キング・コブラ/レディ・トゥ・ストライク[UICY-78643]


言わずと知れた、ハード・ロック界の重鎮のひとりであるカーマイン・アピスが中心となり結成されたグループです。まさにLAメタル全盛の時に結成されたグループですが、衣装こそド派手な装いだったものの、サウンドのほうはLAメタルの華やかさと、従来からのハード・ロック・サウンドをミックスさせたような曲調が多く、『このテの音が好み』という方には、ピッタリなバンドだと思いますnote結局は、カーマイン・アピス自体が、ジョン・サイクスのブルー・マーダーに参加してしまい、キング・コブラの活動は終わってしまうのですが、個人的には、この路線を貫いて欲しかったバンドでありますweep
『ハード・ロックのギターのリフは、古いと言われてもこうでなくてはsign01』という古き良き時代のサウンドがお好きな方(あっ、私ですねcoldsweats01)、是非一度聴いてみてくださいgood

生産限定盤となっておりますので、完売の際はご容赦くださいねcoldsweats01

Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店