« 童友社 1/3000 かんたんプラモデル 東京スカイツリー 予約受付中! | メイン | 河野一二三シナリオ最新作『Root Film』 »

2019年12月24日 (火)

プロの道具をその手に『Raion Fightpad for PlayStation 4』

どうも、コントローラーに求めるものは「ある程度の重さ」というゲーム担当ロトメンです。


ゲームの大会も大規模な大会が増えてきて認知度も高まりつつあります。

主な大会は格闘ゲームの大会になるかと思うのですが、その際にプロのプレイヤー達は自分専用のコントローラーを持ち込むのが一般的になりました。

そんなプロ仕様のコントローラーが一般に出回り始めて、大会におけるレギュレーションも大会毎に細かく定められています。

スポーツにおいてユニフォームや使用する球、使用する道具について細かい規定があるのは報道もされているので有名な話ですが、ゲームの大会におけるコントローラーも同じようなところに来ていると想像していただければコントローラー1つで勝敗が分かれるというのも納得いただけるのではないでしょうか。

さて、そんなゲームの勝敗を左右するかもしれないコントローラーの新型が『Raion Fightpad for PlayStation 4』です。


【PS4】Raion Fightpad for PlayStation 4



ここからは伝え聞いた話ですが最近のプロプレイヤー達は『Raion Fightpad for PlayStation 4』のようなパッド型を使用することが多くなっているようです。

ロトメンのイメージとしてはアーケードスティックのような比較的ずっしりとしたスティック型を好んで使っているという印象だったのですが、流行は違うようです。

その理由というのが、昔は格闘ゲームといえばゲームセンターで遊ぶものというのが一般的で、ゲームのリリースもゲームセンターが先んじることが殆どでした。

しかし、今は家庭用ゲームとして発売されるゲームタイトルの大会が多く、ゲームセンターで扱うようなスティック型よりも『Raion Fightpad for PlayStation 4』のようなパッド型の方に慣れ親しんでいる方が増えているからだと聞きました。

また、スティック型に比べて軽量で持ち運びが楽というのも選ばれる要素のひとつだそうです。

しかし、メンテナンスという面ではスティック型に分があるようですので、万が一の故障には直ぐに対応できるというのはいざという時には強みになります。

どんな会場でどんなゲームをするのか、それによってコントローラーを選ぶ時代が来ているのかもしれませんね。


以上、ロトメンでした。
それでは、引き続きJoshin Webでのお買い物をお楽しみください!

▼ Joshin webショップ

  • Joshin webショップ 家電・PC・ホビーの大型専門店